転職で悩んでいるときは、なかなか相談相手もいませんし、孤独です。普段一緒にいる同僚に相談なんてできませんし、仲のいい友達は転職経験がないということが多いでしょう。そのため、ネットのサイトに頼ることになると思います。

ネット上のサイトを見ても情報は溢れています。転職者経験が豊富な熟練者が多いと思います。筆者も何度も転職を経験し、給与が2倍になったこともあります。その中で自分なりの転職哲学も持っています。

必要なことを3つですので、ご注意をお願いします。

1.必ず大手3社+α登録すること

自分に合った転職エージェント、転職サイトを見つけるところから始めます。最低でも3社ぐらい順位付けをして置き、3社が決まったならば、1位・2位・3位とその他で登録します。登録は無料ですから、気力があればガンガンいきましょう

登録をいっぱいする理由ですが、まず、大手法人は、優良企業案件をもっているので“紹介漏れ”を防ぐためです。ですが、すべてが大手転職エージェントの会社が案件を持っているわけではないので、手広く登録するほど、あなたの相性のいい会社に見つかる可能性が高くなります。

2.相性のいいエージェントを見つける

あなたが、転職を決められるエージェントは、実は相性がいいエージェントになります。不思議ですよね、”相性なんて関係ないんじゃない?”そう思ってしまうかもしれませんが、実はエージェント選びは重要です。

相性がいい人は、あなたの良さのアピールがうまいはずです。そのため、複数のエージェントが案件を同時に持ち込んでくるケースがあります。しかし、その時に相性が悪いエージェントで応募した場合、情報収取の仕方、あなたについてのアピール仕方、あなたという案件に割く時間が少なくなるケースがあります。

それを考えると、出来るだけ自分が納得いく相性がいいエージェントとすることがお勧めです。

3.行きたい会社は面接の3社目に持ってくる

転職をするとき、面接は誰もが堅くなるので、書類選考は通っても最初の面接は失敗します。

しかし、転職活動を開始した方ならお気づきかと思いますが、何度か面接をすると、”あれ・・・”と思うことがあります。あなたの履歴書・経歴書を見て、質問してくる内容の大半が同じなのです。自分ではわからなかった履歴の弱点が見えてきます。

よって、自分の働きたい企業は、少し遅らせ、2社は面接の練習だと思って、受けて、自分の反省点を洗い出し、3社目の本番で存分に力を発揮するということが効果的です。仮にお試しで受けてもいい会社が見つかるかもしれませんしね!

一度転職に失敗した会社には入れない?なんて思わないでください。何年か経過したり、募集内容、自分のキャリアが変われば、何度でも挑戦はできます。

では、応募してみましょう!

■総合型のエージェントを比較

エージェント 求人の
豊富さ
特徴 得意分野 比較
詳細
リクルートエージェント 業界No.1
超大手企業を扱う
・電話面談
若手
ベテラン
若手・ハイクラス
ベテラン・ハイクラス
doda ・業界No.2
・求人多数
・対面面談型。
若手
ベテラン
若手・ハイキャリア
スカウトメール
JACリクルートメント 外資系案件No.1
年収500万円以上
英語&専門職
ベテラン
ベテラン・ハイクラス
管理部門 (経理・人事・総務)
外資企業求人
海外転職
type転職エージェント
関東圏人気No.1
・求人数多数!
建設業界
電気・電子、機械系
メディカル系
マイナビエージェント ・非公開求人数
・首都圏・関西圏
若手
ランスタッド  ・専門職(医療系・製造系・IT・消費税)
・管理部門
・派遣
若手
Iターン・Uターン
Aidem Smart Agent  ・質が高い
・25歳~40代特化
・急成長中
若手