転職活動を開始して、応募、面接。

そして、面接の自己紹介の後に必ず聞かれる質問があります。

どうして転職したいの?

この質問です。

“あ~めんどくさい”なんて考えないでください。どんな人も転職の場では経験する言葉ですから一緒に考えていきましょう

転職したい自分はどんな状況?

転職したい自分発見?ん?そう思っちゃいますよね。転職をしたい方のほとんどに言えること、それは、以下の通りです。
ストレスでいっぱいで爆発寸前
自分の心に余裕がない
自己分析ができていない

もちろん、こんな状態で面接に行けば、相手も雇いたいとは思いませんよね。

面接前の大切な2つのポイント

面接するにあたり、冷静になって自分を整理する必要があります。

1.あなたはどうして転職しようと思ったのか

2.どうしてこの会社に入社したいのか

この2つの質問を明確に、かつ、周囲の人が納得できる内容であれば、面接はかなり進んでいると思われますが、逆に、うまく答えられない場合は、自己分析をし直す必要がでてきます。

筆者の場合は、頭で考えると、雑念が入りうまくまとまらないため、紙とペンで箇条書きにして今の問題点をまとめるようにしています。

「転職理由→志望動機」の一貫性を持つ

企業の人事の方は、入社を希望する方をたくさん見ている百戦錬磨です。そういう方から言わせると、志望動機を聞けば、”この人はこういうタイプだな”という予測がつよくようです。

本当に入社したい人の場合

退職理由⇔志望動機がリンクした流れがあり、”なるほど”と理解が示せる内容のようです。その結果、どういう意欲も持っていて、どんな人柄かが自然に思い浮かぶようです。

入社意欲が薄い場合

退職理由と志望動機に矛盾があったり、リンクした内容でない場合は、条件だけでよく知らないで選んだのではないかという疑問を持ってしまうようです。

入社の目的が薄い事例

ケース1:

年収や待遇・人間関係などの不満があって辞めた人、または、本当の退職理由を言いたくないという心理が働くため、抽象的な表現になり、理解がえられません。

ケース2:

条件面で転職先を選んだ人は志望の動機が特にないため、強いモチベーションが感じません。また、面接官から、”条件さえよければどこでもよかったのでは?”という印象を受けると言います。

模範解答の答えを準備した場合

経験豊富な面接官は、ほとんど一発でそれが事実ではないことを見抜きます。誰にでもあてはまるようなあたりさわりのない文章なので、その人の人柄が伝わってこないという点も理解が得られない、という結論になります。

仮に演技が成功したとしても、お互いのニーズのミスマッチが起きやすいことはご理解頂きたいところです。

ネガティブ転職理由にはポジティブな理由がる

よく転職理由はポジティブにしよう、というサイトは多いと思います。その通りですが、ちょっと抵抗を感じる人も少なくはないはずです。

実は、転職理由にネガティブなものなどありません。自分や周りがネガティブな理由だと思っていたとしても、その裏側にはポジティブな理由がきっと隠れているので、それを発見する必要があります。

例えば、退職理由になりがちなネガティブな理由の変換した理由を見てみましょう。

表面的な理由 本当の理由
上司・同僚と合わない 周囲と協調しながら大きな目標に取り組みたい
仕事が忙しすぎる スキルアップの学びができる環境
クオリティがを高めたい
給料が安すぎる 自分の能力をフルに発揮し、会社に貢献したい
仕事がつまらない 会社に貢献できる場を求めたい

上記でわかるのは、「ネガティブな転職理由を挙げている人は、ストレスでうまく言葉を使えていない」ということです。

例外はあるかもしれませんが、大多数の人は、仕事にやりがいを持ちたい自分の努力を正当に評価されたい、そう考えていると思います。つまり、「ネガティブな現状を変えて、ポジティブな自分になるために転職したい」ということと表裏一体の関係にあります。まずはその事実に気がつくことからスタートになるのです。

ネガティブになっている方は、自分を一旦冷静になれるよに頭を休めて、理想の自分、自分の在り方を考え、「なりたい自分を転職で実現する」という、ポジティブなイメージが持てるようになることが重要です。

正直に転職理由を語るためのアドバイス

”どうして転職したいの?”という面接官の質問に適切に答えるためには、できるだけ正直に答えることが大切です。なぜなら、心から湧き出る正直な言葉は、相手の胸に響きやすいからです。

しかし、採用面接の場では、ただ正直に答えればいいというわけにはいきません。それなりに話の組み立て・オブラートに包むことが必要となります。そこで”正直に答えること”と”転職理由を自分のアピールにつなげること”が両立できる答え方について2つのアドバイスです。

「やりたい仕事をやるため」

具体的に「前職では実現できなかったが御社でなら実現できると思う働き方」のイメージがあるなら、それを面接官に説明しましょう。ただし、「現職でそれが実現できなかった理由」を論理的・合理的に説明することも忘れないでください。

「なりたい自分になるため」

「前職の会社のビジネスモデルに将来性が感じられなくなった」「前職のポジションに安住していては、自分の望むキャリアが築けないと思った」というのも、率直に語るべき立派な転職理由です。

例えば「もっとチームリーダー的な経験を積んで、将来はマネジメントの仕事がしたい。しかし、前職の会社規模ではそれは不可能だった」といった理由を理路整然と語ってください。ただし、「エントリーする会社でなぜ自己実現ができると思うのか」も合わせて説明する必要がありますから、そこに矛盾がないようしっかりと志望企業を選定する必要があります。

「本音と建前」をできるだけ近づけて

“どうして転職したいの?”という質問に、どうしたら的確に答えることができるのかをお話をしてきました。

転職理由はポジティブなものが望ましいのですが、自分のポジティブな部分を見つけることが大切なことがご理解いただけたのではないでしょうか。

ホンネとタテマエはを使い分けたくなる気持ちもあるでしょうが、その場しのぎにならってミスマッチを起こさないためにもできるだけホンネとタテマエを近づけて話し合う必要があると思います。

転職は人間関係も過去の履歴もまっさらな状態で始まります。楽しい人生が過ごせるようがんばってください。