転職活動の進め方・スケジュール

転職活動の流れは大きくは「準備」「情報収集」「書類作成・応募」「面接」「内定・退職・引き継ぎ」という5つのフェーズに分けられます。

転職活動にかかる期間は人によって異なりますが、「早くて平均2~3カ月」の期間がかかります。よって、「今すぐ会社をやめたい!」と思って勢いで絶対に退職しないこと

転職活動に時間が必要な理由は、相応の「準備期間」、企業が求める「年齢」、「企業の人材ニーズ」、応募者の「転職先へのこだわり」があります。

スムーズに転職活動を行うためには、なによりも「事前準備」が大切です。そこで、まずは、転職活動全体の流れを把握し、この後、待ち受ける「書類作成」や「面接」のために何を準備すべきなのかをしっかりと理解しておきましょう。

STEP1 事前準備

転職の全体感の把握・キャリアの棚卸(自分が何をしてきたのか?、新しいことにチャレンジしたいこと)を考え、おおよそ「いつぐらいまで」に転職活動のスケジュールを立てましょう。

STEP2 情報収集

応募したい業界・会社を調べ、気になる求人情報があれば積極的に見てみましょう。

-応募先がブラック企業ではないか?
-人間関係がいいかどうか?
-離職率が高いか?
-通勤の利便性、年収の良し悪し
-会社の文化

STEP3 書類作成・応募

応募したい会社が決まったら、書類を作成して応募しましょう。
企業の募集要項に沿って、少し書類を調整します。

STEP4 面接

転職理由や志望動機など、想定される質問に対して準備し、面接に臨みましょう

STEP5 内定・退職・引き継ぎ

無事に内定が出たら、円満退職のための退職手続き・引き継ぎの準備をしましょう

自分の強みの見つけ方(キャリアの棚卸し)

転職に踏み切るときは、潜在的な方、「転職してみようかな・・・」より、「我慢できない」からしよう!という人が多いと思います。

転職したい!」という強い思いも大切ですが、キャリアや転職に対する考えをまとめ、自分なりの「」をしっかりと持っておくことが転職を成功させるための大きなポイントです。

企業選びや書類作成、面接といった後々のフェーズをスムーズに乗り切るためにも、「自分が何をしたいか」「どんな課題を解決したくて転職をするのか」といった転職する目的の確認や、「これまでの経験からどんな仕事が向いているか」といったキャリアの棚卸しは少し時間をかけてでもしっかりしておきましょう。