サイト名


(JAC リクルートメント)
(ジェイ エイ シー リクルートメント)

会社名 株式会社 ジェイ エイ シー リクルートメント
特徴 ・年収交渉対応可
・履歴書添削サービス
・転職相談会有
非公開求人数 80%が非公開
募集カテゴリー ・全業界(一部取扱がない求人有)
・日系企業・外資企業および国内・海外求人を扱う
(外国系ではトップクラスエージェント)
・35歳~50歳が中心
・エグゼクティブ・管理職・専門職・スペシャリストに特化
関西ではトップクラスエージェント
・英文レジュメの無料添削や英語面接対策、中国語話力のレベルチェックサービス有
・海外の
取扱案件数 12,000件
面談形式 対面
 拠点 埼玉、東京、静岡、名古屋、大阪、京都、神戸、中国

シンガポール、マレーシア、インドネシア、タイ、中国、香港、韓国、インド、ベトナム、イギリス

外国籍対応 対応可能 (JAC internationalという専門部署有)
費用 応募者はすべて無料
備考  –

JACリクルートメントの特徴とは?

JAC Recruitment(以下「JACリクルートメント」と記します)の大きな特徴は、「転職エージェント型サービスに特化している」ことが挙げられます。

他の転職サービスを行っている会社は転職サイトや、転職サイトと転職エージェントの併用でサービスを運営しているのに対して、JACリクルートメントは一貫して転職エージェント型のサービスに特化して行っています。ちなみに、転職エージェント形式に絞った場合、JACリクルートメントはリクルート社、パーソルキャリア社に次いで国内第3位の売上規模になります。 「転職エージェントに特化」しているからこ品質と実績が売上規模に繋がっているのです。

JACリクルートメントの転職エージェントは、転職希望者に紹介する企業を事前に直接訪問し、その企業の「企業文化」や「今後の事業戦略」といったことまでリサーチし、紹介先企業について熟知しておいてくれます。

ミドル層転職者の「キャリアアップ」に強い理由!

他の総合転職サービスが20代~40代ぐらいまでの幅広い年齢層の転職希望者を対象としているのに対して、JACリクルートメントは「経験を活かしたキャリアップ」を希望してる30代~40代の、いわゆる「ミドル層」の転職サポート強化を強みとしています。

30代~40代になると、管理職を経験している方々も多く、今後のキャリアを見据えてさらなるキャリアアップを望んでいるケースも少なくありません。しかし、日本の現状の職場では必ずしも、管理職は狭き門でもあります。

JACリクルートメントは転職希望者一人一人の市場価値や、現在の転職市場の動向について客観的なアドバイスを行います。転職コンサルタントはもともと各業界のスペシャリストだった人も多いため、それぞれの業界の事情や必要とされるスキルについて正しく理解した上で、適切なアドバイスを行うことが可能になるのです。

なお、JACリクルートメントが公開している求人は全体の約3割で、残りの7割は転職エージェントを直接通じてのみ紹介可能な非公開求人となっています。JACリクルートメントで働いていた人の情報によると、会社はトライ&エラーで勉強させる会社なので、成功するまで転職者に紹介をし続けます

他の転職サービスでは知られることのない非公開求人にアクセスできるのも、JACリクルートメントを活用する大きなメリットの1つと言えるでしょう。

非公開求人は「外資系企業」・「金融系企業」・「海外勤務系の求人」でいっぱい

日本以外に、アジア7か国に拠点を置くJACリクルートメントは、「外資系企業」や「金融系企業」、「海外勤務」を得意としています。これまで多数の転職希望者を外資系企業や海外進出企業の海外拠点へと導いてきたノウハウが蓄積されていますので、「グローバルな転職に興味あったけど、初めてなのでどうすれば良いか分からない・・・」という方にとっては、かなり心強いサポートを得られることでしょう。

たとえば、外資系企業では応募時に必須となる英文レジュメの作成についても、丁寧にアドバイスを行い、ブラッシュアップして応募にのぞむことができます。また、グローバル企業の海外拠点の状況など、日本国内にいるとなかなか手に入らない情報についても、独自のネットワークでリアルタイムの情報を得ることができるのです。

海外の支店に行った際にも、現地にJACリクルートメントの日本人スタッフがいて、丁寧にアドバイスもしてくれます。

また、海外勤務における年俸交渉を転職者自身が行うのはかなり難易度が高いと言われていますが、年俸交渉についてもJACリクルートメントのコンサルタントが代行してくれます。

JACリクルートメントの転職サービスは、こんな方にオススメ

・「現状よりも、キャリアップを目指す」という方

・「今後実現したいキャリア」を踏み込んでコンサルティングを希望する方

・海外勤務や外資系企業への転職を希望している方

・30代後半・40代以降の活躍をイメージされているミドル転職者の方

・自身の市場価値を確認しながら、転職活動を進めていきたい方